2015/01/12

新春事故

事故りまして。

突き当たりへの進入で右折レーン走ってたら前の車が左折レーンにいって、俺の前方はクリアに。
そのまま左折すんのかと思ったらいきなり目の前で転回を開始。
真横向いた車が左から目の前に。
最近よく見かける、一旦外に振ってから曲がるアレのひどいやつだった。

俺は右折で右寄りを走ってたし、右にバンクし掛けてたので左には避けられないと思い、
右に急旋回して中央分離帯が切れた先のゼブラゾーンに入り、避けきって速度0のところに
転回してきた車がきたので、右に倒したところにクルマがごつん。
俺は単車を倒すときに飛びのいた。
誰も避けらないよあんなもん。
ぶつけられなかったら逃げられてたんだろうなあ。

怪我は飛びのいたときに足の付け根の筋をちょっと伸ばした程度、単車も立ちゴケ程度。
しかし右側なので修理費は安くはない。
自分の単車が倒れているのを見たのは約20年ぶりだ。

相手はおれがいきなり右に出てきたとか言っててるようだが、そりゃそうだろうねえ。
まったくこっち見てなくて、左に振って転回した先のゼブラゾーンにおれが現れたんだから。

当然、こっちの保険を使うつもりは無い。
保険屋の見解も10:0で相手の責任。だが合意には至ってない。
まあ言い分というか、相手の目線でどういう状況だったかは理解できるので、ゴネるのもわかる。
そんな相手とは直接話したくないので交渉は全て保険屋に任せる事にした。
あー面倒くさい・・・



休み明けから全開で仕事漬けで、挙句3連休も仕事。去年から制作してた担当製品のテスト。
想像以上に結果がよかったので、事故のあれこれは忘れて素直に喜んでおこう。
(単車は直せばいいのさ)

あ、お見舞いは随時受け付けております。

以上。

6 件のコメント:

  1. 新年早々ご愁傷様でした.出来得る最良の回避策だったのでしょう.大きな怪我にならなくてなりよりでした.世にはもっと理不尽な事故を食らってる人もいますから,それに比べたらラッキーと前向きに考えましょう!

    返信削除
    返信
    1. トホホでございます。止まれる速度ではなかったので、対処としてはベストだったと自分でも思います。
      ノリックの不幸な事故も似た状況だったんだろうなあと思うとやりきれません。幸いすぐ直りそうなので、前向きにいきますよー

      削除
  2. うあーマジすか。大怪我しなくてよかったっすね。クルマの死角こわい。

    返信削除
    返信
    1. マジでした・・・。ご心配おかけします。クルマの死角というか、片側2車線道路で左に振る必要なんかまったく無いですし、単なる無謀運転だと思いますw

      削除
  3. 年始早々大変でしたね。怪我が軽傷そうで何よりですが・・・。
    何日か経って症状も出ることがありますので気をつけて下さいね。

    返信削除
    返信
    1. ご心配おかけします。
      足はずっと痛いんで、医者いってますよ。歩行に支障とかはぜんぜん無いんですけど。人身にするとそれはそれで面倒なんで思案中です・・・

      削除