2008/06/29

ブリザードだから未定。



上海行ってきた。
アニメ・ゲーム博つうのを視察。
業務用ゲームとアニメ・マンガの展示会。色々となるほどなーつう感じ。


やけに古めかしい会場。

上海にメイドカフェができたらしくブースを構えて営業してたんだが、
現地人には余り意味がわからんようで遠巻きに見守られていた。

大雨で出歩くのが辛かったが、相変わらずメシは旨かった。


香港では本当に竹だったが、上海では竹風の鋼管だった。

そして帰国翌日に横浜中華街で会食であった。
それはそれで旨かったので良し。



ディアブロ3が発表された。
いつ発売されるか全くわからんが、楽しみだ。
Hellgate:Londonを買う理由が無くなった。

たまたまだが、最近はディアブロクローンのTitanQuestで遊んでいる。
やたらと綺麗で、どこも景色が良い。冒険してる感じがいい。
例によって有志により完璧に日本語化されている。素晴らしい。
結構ボリュームがありそうなのでちまちま遊ぶ予定。

Painkillerの製作チームのメンバーが起こした会社の新作、
NecroVisionのサイトに動画(右クリック保存)が公開されていた。
予想より出来が良さそうで安心した。明らかにB級だが、今年いちばん遊びたいFPSだ。期待。



早川がスタニスワフ・レムの著作の復刊を始めたようだ。
ソラリス以外の三部作(砂漠の惑星、エデン)とロボットの旅。
その他はまだか!



フェンダーレスを組む暇が無い。





2008/06/18

情けないこと



なんつうか最近、テレビとかニュースとか観るたびに情けなくなるのだ。
その情けない気分は、日を追うごとにどんどん酷くなっている。

いつのまにか地球温暖化とかいうディザスターが人類の未来を閉ざすことになっていた。
具体的にどうなるのか、何が起こって何で困るのか余り説明されないが、
人類は緩やかな滅亡の途を歩んでいるかのような口ぶりでいろいろやばいんですと危機を煽る。
煽る一方で、ビジネスチャンスとして喧伝している。訳がわからない。

そのもやもやした何かが事実であるか否かとは無関係に、
果たしてこの煽動、くだらない洗脳は誰が望んだ事なのか。

そのもやもやした何かのためになぜかごみの分別の種類が増えたり、
近所のおばさんが他人のごみを必死に監視したり、自治会が罰金を設けたりしている。
そのもやもやした何かのためにうなぎパイが存亡の危機だったりする。
別の意味でノーフューチャーだ。
皆、エコを標榜して何をしようとしているんだ。
スーパーの袋を貰わないことで何に満足しているんだ。

このわけのわからない状態に、俺は物凄く違和感を感じ続けている。

俺はガキの頃、宇宙大作戦とかサンダーバードとか小松崎茂の挿絵とかにだまされて、
科学万能でエキサイティングな未来が来ると信じていた。
科学がなにもかも克服してしまうのん気な社会像だ。

その希望の裏には、盛んに煽られる人類滅亡への恐怖があった。
今の環境云々よりは遥かに単純明快な、東西の戦争、第三次世界大戦への恐怖。
核の冬がどうとか、世界に水爆が何個あって人類を何回滅亡させられるとか、かんとか。

今の温暖化騒動が冷戦時代と違うのは、楽しげな未来のビジョンを誰も語らないところだ。
危機感しか煽られない。国民総しょんぼり状態。

冷戦つう単純明快な人類滅亡への恐怖が雲散霧消したということになったあと、
やっと見つけた!滅亡シナリオです!それが皆さん、きいてください
地球が温暖化しているのです!温暖化すると・・あれこれ危険です!恐がれよ!
見つけちゃったわけだ。

そもそも人類てのは滅亡への恐怖がないと不安なのかもしれないとかちょっと思った。
その不安を解消する為に常に恐怖できるなにかを探しているわけか。
過去も今も単に商売の種として煽ってるだけだろうけどさ。

だから俺はずっと情けない気分なのだ。
次に煽られる人類滅亡フラグが何なのか、賭けないか?





2008/06/16

フェンダーと肉食



土曜、近所の喫茶店でyamaranさんに会ってフェンダーレスを受け取った。
まだ組んでないが出来は良さそうだ。ありがとさんでした>yamaranさん

組む前にウインカーとナンバー灯を入手しなきゃならんのだが、まだ悩んでいる。
ノーマルウインカーのデザインは結構気に入ってるんだが、似たイメージのモノが余り無い。
あと、今やデザインが良いのって大抵LEDなのねえ。
LEDにするつう事はリレーも交換で、てことは前も交換になる。前はいいよ。
どうも、「たかがウインカーごときに!」みたいな感覚があって、ううむ。
社外ウインカーで品質良いの買った試しがないしなあ。
一応、なんとか良さそうなのが見つかったので現物を見に行く予定。



肉が食いたくなったので、以前から目をつけていた「西洋料理たじま」に行ってきた。
たいして迷いもしなかったが、滝頭の住宅地の中つうこりゃわからんよーという場所にある。
駐車場が不安だったんで、久しぶりにタンデムで行った。
ら、単車停める場所すらねえでやんの。近くの歩道の端にひっそりと停めといた。
俺はスペアリブ、嫁はハヤシライスを頼んだ。どっちも凄く旨かったんだが、
スペアリブはまあ肉です。大量の骨付き肉ですので、満足度ならハヤシライスかな。
いやほんとに、ハヤシライスは旨かった。
薦められてほいほい行ける場所にある店ではないと思うが、肉食の貴兄に☆お勧め♪

スイーツじゃなくてごめんなさい。おしゃれな写真もありません。

真の肉食者としては、久々に御苑の「赤ちょうちん」にも行きたいなあ。
誰ぞ。





2008/06/13

日常



本牧の三渓園に行ってきた。割と近所なんだが、初めてだ。
静かで巨大な庭園で、周りのビルも一切見えず居心地が良かった。
原三渓の茶室コレクションつう風情で、そこら中にどっかから移築された茶室が建っている。
そんで一般に貸してるらしく、そこら中で茶会。和服だらけ。浮世離れしておった。
気持ちよく散歩できる公園は昔から結構好きで、たまに行く。町田の薬師池とか。

その他親父の墓参に行ったりして、セドリック活躍中。
窓を開けて走る機会が多かったので、絶賛日本車焼け
右腕だけ黒い。嫁は左腕だけ黒い。ひどい!
窓を閉めたところでUVカットガラスなどという高級なものは無いので。
秋口には左右非対称な人になっていることだろう。

わかったことは、クーラは運転席以外にはよく効く、という事でした。



来週は大阪、翌週は上海。
はぁぁぁ・・





2008/06/05

なるほどなあ



Vmaxが正式発表された。

約1700ccで200馬力、トルクは17キロか。
この辺の数字的なインパクトはちょっと薄い気がする。
装備重量310kg!ホイルベース1700mm!18インチホイール!
大きく育ちましたね・・・こっちの数字の方が別の意味でインパクトあるな。
現行Vmaxの装備重量が確か280kg弱だったから、30kg程度重くなったようだ。
キャスタも寝てホイールベースもやたらと延びて、サイズはもはや完全にアメリカン。
乗車してる写真を見ると、「長い機械に跨っている」つう風情だのう。

私見だけども、
ヤマハはカタログスペックより感覚を重視してバイクを作ってると思う。
スペックは色々とアレだが乗ったら普通に乗れてそこそこ速いんだろう。

なんか220km/hの速度リミッタがついてるらしい。
良くわからんが、旧Vmaxみたく220も出すと目に見えて車体が捩れまくって
視認できる幅でハンドルが左右に移動するんだろうか。

国内販売予定が無いそうだが、どーなんだろね。
来年国内仕様を出すから、とかかな。多少高くても売れそうなのに勿体無いな。