2009/11/10

またツーリング



週末にツーリングに行ってきた。
伊豆でいいやと言いながら長野に。



会社のツーリングで毎回10人近く集まるんだが、今回はメンバーが集まらず4人。
飛ばす人しかおらず、一泊して峠走ってきました という風情。

土曜は上信越道を降りて碓氷峠(旧道)、戻って碓氷バイパスを往復して軽井沢の宿に行き、荷物を預け昼飯を食って出発。
鬼押ハイウェイ、万座ハイウェイ、国道292の山ばっかしなルートを走って長野側に降りて善光寺、上信越道で宿に戻って一泊。
日曜は国道299、正丸峠(旧道)を越えて青梅、16号で帰宅。
土曜たっぷり、日曜あっさりなコース。

土日とも晴れて寒かったのは国道292の高地ぐらいだったが、上下革+冬グローブな防寒装備だったので全く問題なかった。
その国道292の高地(白根山や横手山)は道路脇に雪が残っていたが、霧もなくてハンパじゃなく景色が良かった。
初めて通ったがもう一度行きたい。春先は雪でダメらしいし、今年は今夜からの雨(山では雪)でもう終わりらしいので、
来年の夏にでももう一度行くことに決めた。
白根・横手山はもうとんでもない景観で、俺は眺めたい!とずっと思ってたんだが、同行者は走れりゃいいよな人らなので、
全く休憩せずにあっさり通過してしまった。
道も気温も気持ちよくていいペースだったので、俺も走りが気持ち良かったのでどんどん行っちゃったんだけどね。
しかし惜しい事をした。あんな凄い景色は観た事がなかったし、勝手に停まって眺めてくりゃよかった。

ほんとは白馬辺りまで足をのばす予定だったんだが、長野側に降りた時点で陽が傾き始めてたんで、とりあえず善光寺に行った。
このグループではツーリング時の転倒が相次いでいて、だいたい毎回転倒者が出る。だもんで、交通安全の札を買っていた。
俺は坊主が大嫌いなので仏や坊主に頼んでも転ぶもんは転ぶよなあと思いながらニヤニヤしていた。
飛ばすメンバーしか居ない今回のツーリングでは転倒も立ちゴケも無かった。
転倒者が出る原因は、飛ばせる人のペースで進行して飛ばせない人が無理するから、というのは明白なのだ。

と、おとなげない社会人の集いの話。



青山博一、最後の250cc世界チャンピオン獲得!
これは素直に嬉しい。
最終戦の中継を観たが、ランク2位のシモンチェリが1位でも青山が11位以内ならチャンピオンという条件で
青山がコースアウト、転倒せずに復帰したら11位、シモンチェリが1位、
終盤にシモンチェリが転倒でチャンプ確定という、とてもとても心臓に悪いレース。
青山は7位完走で、結局実力で獲得したという形で終わった。素晴らしい。
いやはや嬉しいことだ。

俺はへんな汗をかきながら観戦していたが、
嫁さんは青山がコースアウトした辺りで「見ていられない」と言ってテレビ画面を見るのをやめた。






2 件のコメント:

  1. 無事ツーリング終了したみたいで何より
    今回の最終戦は250&MOTOGPとかなりはらはらでしたねえ
    やる方としちゃたまったモンじゃないでしょうが
    これだけ色々な意味で楽しめたのも久し振りな気がしました

    はてさて来シーズンはどうなりますことやら・・・

    返信削除
  2. 無事帰ってきやした。
    ハラハラしたねえ・・・緊張しまくりでした。
    確かに今シーズンは面白かったですな。
    博一くんは来年はまだまだ厳しいでしょうが、いい結果残してほしいもんです。

    返信削除