2009/09/07

復活への道



不動会に入会しました。
セドリック。

信号待ちでエンストして、そのまま掛からず。
JAFに家まで運んでもらって、週末にあれこれ調べた。

・火は飛んでる
・燃ポン生存
・油面OK
・しかし掛からない
・なんでですか

という事で、家族会議の結果ディーラーで診てもらうことにした。


またJAFを呼んで近場の日産ディーラーに運び込んだ。
笑顔で渋い顔をされた。勝手が違うので・・・だそうで。
面倒な話持ってって申し訳ないですという感じ。
しばらく預かるとの事なので帰宅したら早速電話があった。

・火は飛んでる
・燃圧OK
・キャブの霧化がうまくいってない
・なので掛からない
・キャブOHで直るでしょう
・10万円也
・OHはうちではやらず、外部業者に出します

てな感じ。
外に出すなら自分で脱着しますと言ったら、それがいいですとの事。
明後日ぐらいにクルマを引き上げて、週末にでも外してOH屋さんに持ち込む予定。
ディーラーにはお礼を言って、ついでにガスケットとインシュレータを注文する。
整備要領書を買っておこう。



土曜は憂さ晴らしのために保土ヶ谷に上がった。
古い単車が多く、台数は多いのにそこそこ静か。
昔の保土ヶ谷を思い出した。





3 件のコメント:

  1. おつかれさまです。(´Д`)
    キャブかー 厄介な感じしますなー
    キャブのOHというと山之内キャブレターというところが
    有名っぽいですが。
    安く済むといいですねい。

    返信削除
  2. 確かに先週末は懐かしい匂いがしましたね
    いつもあんな感じだといいなあ

    返信削除
  3. まさま>
    整備士のダチが手伝ってくれると快諾してくれたので、
    自分らでバラして洗浄しちゃう予定です。
    山之内は有名ですねえ。クルマだとテクニカルトートが有名みたいです。

    BSKさん>
    そっすねー
    落ち着いてて良かった。大型トラックのテクニックが凄かった・・
    また顔出します。

    返信削除